カードローンで、所得証明書を提出するのはどんなとき?

考える女性

所得証明不要のカードローンとは、どのようなものでしょうか。お金を借りる時の基礎知識NCISでは、書類不要について、まとめてみました。

 

まず、そもそもの原則として、借り入れが一定額を超えると所得証明を提出することが法律で定められています。

 

貸金業法の第13条を参照すると、貸付金額が50万円以上の契約、
または複数の貸金業者と契約している場合は、借り入れ金額の合計が100万円以上になる方は、
所得証明不要ではなく、提出することが明記されています。

 

つまり、

  1. A社から50万円以上の融資を受けている
  2. A社からの借り入れは20万円だけれど、B社から80万円以上を借り入れしているため、

    合算すると100万円以上の融資になる

 

という方は、所得証明書の提出が求められるということです。

 

所得証明書とは

所得証明書は文字通り、契約者がどのくらいの所得を得ているかを証明する書類で、これによって返済能力が審査されます。契約者が、返済能力を超えた借り入れをすることを未然に防ぐための措置でもあると思われます。

 

会社勤めをしている方であれば、

  • 年末から年始に受け取る源泉徴収票
  • 直近1ヵ月分の給与支払明細書など

が、所得証明書として使えます。

 

自営業の方は

  • 課税証明書
  • 確定申告書

が所得証明書になります。他には、最新年度の市民税・県民税額の決定通知書も有効です。

 

ちなみに、前述の規定は、消費者金融系のカードローンにだけ定められたものです。
銀行系のカードローンにはこうした規定はないため、所得証明書の提出は義務にはなっていません。
所得証明不要ですが、借り入れ金額が100万円を超える契約の場合は、銀行も消費者金融と同様に所得証明書の提出を求めることが多いようです。

 

所得証明の書類を提出する方法

所得証明不要でない場合、書類を提出する方法はいくつかあります。
例えば、郵送、FAX、オンライン、直接提出、などから選択できます(アコムの場合)。

 

便の良い場所に店舗がある方は、書類のコピーをスタッフの方に直接提出します。
対面でのやり取りが苦手ならば、FAXやアップロードによる提出がおすすめです。アップロードは、書面を撮影し、業者のホームページに用意されたフォームから画像データをアップします。
パソコン作業も苦手、という方は、店舗に備え付けてある専用の封筒で郵送してください。

 

 

所得証明不要でもキャッシングができる場合

 

所得証明なしでもキャッシングができて喜ぶ男性

カードローンでは、審査の際に所得証明の提出を求められることがあります。でも、簡易なようで、場合によってはなかなか面倒なのが所得証明書ですので、不要であれば助かります。

 

たとえばサラリーマンの方の場合は、源泉徴収票や給与明細書が所得証明書として使えるのですが、ちゃんと保管していますか?さっと目を通したらすぐにゴミ箱に捨てているのではないでしょうか。
役所で所得証明書や課税証明書を取ることもできますが、平日に仕事を抜けられない場合も多いですよね。

 

でも、条件によっては所得証明書不要でキャッシングができるのです。

 

消費者金融系のカードローンの場合、50万円までの借り入れであれば原則として所得証明不要でも可能となっており、これは貸金業法にも定められています。
実際は、所得証明書はその人の返済能力をはかるものであるため、借り入れ金額にかかわらず提出を求める貸金業者もあります。50万円までは所得証明不要のカードローンは、大手ではプロミス、アコムなどになります。

 

銀行カードローンでは、消費者金融と違い、所得証明書の提出は法律で規定されているものではありません。
そのため、銀行でも結局は所得証明書の提出が必要になるのですが、条件は銀行によって、若干の差があります。
平均すると100〜300万円以上の借り入れで所得証明不要ではなくなることが多いようです。

 

所得証明不要でキャッシングしたいならば、

①一契約の借り入れを小額にする 前述のように借り入れを50万円以下にすると所得証明は不要です。50万以上のお金が必要ならば、2社または3社から分散して借りる方法があります。ただし、借入金の合計が100万円を超えると所得証明が必要になりますから、そこは注意します。
②銀行系のカードローンを利用する 銀行のカードローンは一般的に審査が厳しいのがネックですが、消費者金融のカードローンよりも高額の借り入れが可能です。100万円以上の融資が必要な方は、銀行のカードローンを選択しましょう。

 

所得証明書の種類と取り方

 

所得証明書の種類と取り方を説明する女性

 

カードローンの審査のとき、「所得証明書」が必要になることがあります。
これは契約者が得ている所得を証明する書類で、返済能力を審査する場合に重要な根拠になります。

 

でも、いきなり所得証明書を提出するように言われたらまごついてしまいますよね。
どんな書類を提出すればよいのか、どこから取ればよいのか、書類ごとに確認してみましょう。

 

①源泉徴収票 1月1日から12月31日までの、主に給与を示したものです。源泉徴収票は、その年の12月、または翌年の1月に、勤務している会社から給与明細書と一緒に渡されます。家の中を探してみましょう。
②給与明細書 会社が支払った給与の額、その中から保険料や税金がどのくらい差し引かれたか、などが細かく書かれた明細書です。@の源泉徴収票が丸1年間の所得を示しているのに対し、こちらの給与明細書は1ヵ月分の所得を示します。毎月のお給料と一緒にもらっているはずなので、こちらも家の中を探してください。
③市民税・県民税額決定通知書 納めなければいけない税金の額を通知した書類で、役所から送付されてきます。最新年度のもの提出するようにしてください。
④所得証明書・課税証明書・非課税証明書 これらの証明書だけは市役所や区役所で発行してもらえます。市民税課の窓口に申請書があるので、記入して提出します。最近はホームページからダウンロードできるようになっている役所も多いので、チェックしてみてください。

 

申請の際には本人確認のための証明書が必要です。
運転免許証、住民基本台帳カードなど、顔写真がついたものを1点、または健康保険証、社員証などの場合は2点用意してください。

 

証明書は本人以外の家族や知り合いでも申請することができます。その場合は本人による委任状を添付します。

 

ちなみに、申請はその年の1月1日に住所があった市町村の役所で行います。現在住んでいる住所ではないので、年内に引越しをした方はこの点を注意してください。

 

手数料は300円です。全国一律だと思いますが、これも事前に役所のホームページで確認しましょう。

 

50万円以上の契約の場合は、審査で間違いなく所得証明不要ではなくなります。
契約前に用意しておくと、審査がスムーズになりますよ。