6ヵ月待ちましょう

短期間にあちらこちらの金融機関や消費者金融に借り入れの申し込みをしてしまうと、ある種の「要注意利用者」としてチェックされることになります。これは俗にいう「ブラックリストに載った」状態で、こうなってしまうと一定期間はどこの貸金業者も契約してくれなくなります。

 

「ブラックリスト」といっても、名簿のようなものが業者の間に出回るわけではありません。キャッシング利用にかんするデータは、毎回信用情報機関に保存されます。データには、照会日(申し込みをした日ということです)や、どんなキャッシング商品をどんな内容で契約したか、そして返済履歴まで詳細に載っていますから、それを見ていけば、短い期間に何社にも申し込みをして、どことも契約に至っていないことが自然とわかるわけです。

 

短期間にあちこちに借金を頼んで回っているわけですから、貸す方からすれば「経済状態が切羽つまっている」、「貸した分回収できないかもしれない」、と判断して敬遠することになります。

 

でも、実際に切羽つまっている場合もありますが、申し込みブラックのことを知らない方が、引越しの「相見積もり」の感覚で「一応4社に申し込んでおいて、条件の良いところからキャッシングしよう」と、まとめて申し込みをしているケースもあるんじゃないかと思うんですよ。これは何というか、気の毒ですね。

 

では「申し込みブラック」の状態はどのくらい続くのでしょうか? 信用情報機関は「JICC(株式会社日本信用情報機構)」、「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」、「全銀協(全国銀行個人信用情報センター)」の3社があります。各社のホームページによると、申し込みにかんするデータは、それぞれ「申込日から6ヵ月を超えない期間」、「照会日より6ヶ月間」、「当該利用日から6か月を超えない期間」となっています。

 

つまり、最後の申し込みから6ヵ月待てば、申し込みのデータはすべて消えることになります。ブラック状態も解消されますから、とりあえず6ヵ月待ちましょう。無職だったり住所が定まっていないなど、契約に不利な条件だった方は、6ヵ月の間に解消しておきましょう。

 

キャッシングの「相見積もり」をして落とされた方は、今度は1社ずつ申し込みをしましょう。次の申し込みまでには1ヵ月程度、間を空けた方がいいですよ。